2003年GWツアー報告 2日目(4/27)

 TOP 4/26 4/27 4/28 4/29 4/30 5/1 5/2 
  
4月27日(日)
6:00 船中1泊。私ことohaは良く眠れました。kkk君も良く寝たようでした。
ミサコフさんは早く寝すぎて?夜中何度も起きたそうです。
朝6:00になると船内電気がつき、無理やり目が覚まされました。
8:40 8:40になったら船内放送で、進行方向左側にケータ列島が見れる、
とのことでしたので、早速甲板に出て確認しました。ケータ列島とは
聟島を中心とする島々のことで、ダイバーの憧れの海域です。
甲板
肉眼だとかなり厳しいですね。かすかに見えるのがわかりますか?(北之島と聟島です)
距離にして約14kmだそうです。
船上から肉眼で見渡せる距離はおおよそ15kmと言われているため、ギリギリの距離です。
光学ズーム+デジタルズームの合計11倍での撮影です。これはケータ列島最北端の北之島です。
 
 
そして聟島(左)、次は針の岩(右)。 次に媒島(左)で、少し離れて嫁島(右)。まさか翌日、この嫁島まで遠征するなどとこの時は夢にも思いませんでした。それほど条件が厳しい海域なのです。
10:30 二見港
 
いよいよ父島列島が近づいてきました。まずは孫島(左)。次に弟島(右)。 兄島です。ここには海中公園があり、スノーケリングができます。また戦時中に沈んだ船もこの島の周辺に多くあります。
西島です。この島には”タコ岩”という人気のダイビングポイントがあります。 いよいよ父島二見港へ入港します。湾の入り口にポツリと浮かぶ烏帽子岩とその前を横切っているのは父島タクシーです。お出迎えですね。
父島の玄関、二見港です。 長旅でした。小笠原返還35周年なのですね。
沖縄より4年早かったのですね。
11:00 父島到着後、宿でチェックインし、その日はダイビングは行なわないため、
レンタカーを借りて島内観光をしました。
12:40 街中
二見港です。おがさわら丸の入港に合わせて、母島から”ははじま丸”が到着しました。両定期船のツーショットです。 二見港の桟橋です。
父島のメインストリートです。今年のGWは飛び石連休のため、来島者が少なめでした。千人乗りのおがさわら丸の搭乗者数は550人だったそうです。 せっかく父島まで来たのだから是非、島料理を味わいたいとのことでしたので、この店に入り島寿司を食べました。父島の島寿司はネタはサワラのみで八丈島と同様、ワサビではなく辛子を使用します。父島も八丈島も(青ヶ島も)、かつてはワサビが手に入らなかったためと聞いています。
14:00 扇浦 車で島内を一周しました。我々の宿のある境浦を通り越し、
扇浦海岸に行きました。境浦にはペンションが1軒だけですが
扇浦には数件宿泊施設があります。海水浴にはいいですね。
扇浦海岸です。海水浴に適しております。 これは扇浦海岸の右端にあるトーチカです。小笠原は父島をはじめとしてあらゆる箇所に戦時中の施設跡が多く残っています。
14:20 コペペ海岸
ここは父島の中でも人気のあるコペペ海岸です。白い砂、青い海が綺麗です。
こちらも人気の高い小港海岸です。父島の中心地からバスで行くこともできます。
15:30 中央山山頂
   
父島の最高峰、中央山へ行きました。車で途中まで行き、徒歩で15分ぐらいだったかな。 とても見晴らしの良いところです。とても東京都とは思えない、別世界です。
 
ここの展望台に上ると、なんと360°水平線が望める大パノラマです。今まで地球は四角いと思い続けていた我々3人の常識が崩壊した瞬間です。
「そうだったのか、地球は円盤だったのか」(kkk)
そして中央山を降りて、車で向かうその先には.....
16:00 夜明山
フッフッフ。これをミサコフさんに見せたかった。これは知る人ぞ知る”首なし二宮尊徳像”です。なぜ首から上がないか、それは謎に包まれております。かつては”戦時中の爆風で吹き飛ばされたという説”が有力でしたが、最近は”戦後の米軍管理下時代に米軍兵士が切り取って帰国の際に持ち帰ったという説”になっております。尚、ここは夜の肝試しスポットだそうです。
これを見せてから、ミサコフさんに「夜、夢枕に二宮さんが現れるよ」と再三、冗談で脅かしました。私は軽い冗談のつもりだったのですが後で聞いたら、本当に怖くて、夜に目が覚めたとき想像してしまったそうです。ハッハッハ
尚、右の写真は朽ち果てた軍事施設です。こちらもそれなりに不気味です。
 
こちらは二宮尊徳像のあるところから小道を少し入ったところにある初寝浦展望台です。とても見晴らしがいいところです。 その展望台にはやはり戦時中に使われていた壕がありました。なかはひんやりしております。
16:15 旭山
   
ここは夜明山と長崎展望台との中間あたり。なんていう展望台だったっけなぁ。(旭山?)
とにかく眺めが良い。左から2番目の写真の上方の小さい島は東島です。3番目の写真の島は兄島です。一番左の写真は山の中腹に野生のヤギがいましたので撮影しました。
17:20 再び街中
 
この表示板結構有名ですよね。太平洋のど真ん中らしく、各国への距離が記されています。 大村海岸近くにジョージブッシュ元大統領(現職ブッシュの父親)の来日記念の植樹がありました。元大統領はもとは空軍のパイロットで、第二次世界大戦中に二見湾上空で撃墜されたそうです。そして昨年、父島を訪れて住民たちと親善和解の交流会が催されたとのことです。
(右の写真の花は何の花かな)
17:50 三日月山
   
夕日を見るために三日月山へ行きました。ここは西方向の眺めが抜群で夕日だけでなく、陸上からのホエールウォッチングにも適したところです。大勢の人が出ておりました。しかし、残念ながら水平線上に雲がかかっており、夕日の沈む光景は見れませんでした。 これは三日月山からの景色です。左の写真の中央の小さな島は”烏帽子岩”、右の写真の奥に少しかすんだ島は南島です。
 
左の写真は西島、右の写真は瓢箪島。 奥の大きな島は弟島です。かつての有人島です。
18:30 宿
夕方になっても暖かく、Tシャツ短パン姿です。夕食は外のテラスで食べました。
24:00 明日のダイビングは、何と!!!ケータ列島の嫁島行きとなりました。
憧れのケータに。しかもダイビングの初日から。ワクワクしてビールも
そこそこに抑えて早く寝ました。
寝坊するといけないので、目覚まし時計として私の携帯電話のアラーム
をセットしておきました。曲はアップテンポなほうがいいと思い、トルコ
行進曲にしました。

 TOP 4/26 4/27 4/28 4/29 4/30 5/1 5/2 

 

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理